トップへ » 当院の7つの特徴 » 一般歯科(虫歯治療)

痛いのは苦手。そんな方にも安心な治療をご提供します

歯科が苦手、麻酔注射による痛みが心配という方は多いもの。痛みを怖がるのは、子どもさんも大人の患者さまも同じです。当院では、できるだけ痛みを軽減するためのさまざまな工夫をしています。
安心な治療

できるだけ痛みを軽減するためのさまざまな工夫
虫歯は自然に治ることはありません。放置してしまうとどんどん悪化してしまいます。そこで、当院では、治療に伴う不安や恐怖を取り除きながら、適切な治療が行えるように工夫しています。

緊張すると痛みを感じやすいので、当院ではなるべく声をかけながら、緊張をほぐしていただいてから麻酔などの治療を始めるようにしています。患者さまの様子を見ながら、時にはいったん治療をやめて、ゆっくり話をしてから再開することもあります。

麻酔注射のチクッとした痛みを軽減
歯科の治療の中で、患者さまがまず苦手とされているのが、麻酔注射の痛みです。そこで、当院では、麻酔についても痛みが少なくなるようにさまざまな工夫を行っています。

まず、皮膚の表面の感覚を麻痺させるための薬を塗ってから(塗布してから)、超極細針を使用して注射を刺す時の痛みを少なくするようにしています。さらに注入速度を一定に保つことができる電動麻酔器を使用して、余計な圧力をかけずにゆっくりと薬を注入し、麻酔注射の痛みを軽減しています。

さらに痛みを和らげる高周波を活用
痛みを和らげる高周波高周波とは、歯科や外科分野で使われる電流です。人体に安全で、確実に患部を消毒・殺菌し、痛みを和らげる効果があります。

当院では、この高周波を一般治療や矯正治療に使用しています。根管治療の際には、高い殺菌効果が得られます。代謝を改善したり、自然治癒を助けたり、組織に活力を与え、骨を作る手助けをする働きもありますので、歯周病治療やインプラント治療にも有効です。

何でもどうぞ。遠慮なく、希望をお伝えください

何よりも大切にするのは、患者さまのご希望やペース遠慮なく、希望をお伝えください
歯は、一度削ったり抜いてしまうと、二度と元に戻ることがありません。そこで、当院では、何よりも患者さまとの信頼関係を大切に考え、納得し安心して治療を受けていただけるように考えています。

治療前には、患者さまご自身のレントゲン写真や口腔内写真を共にモニターで確認しながら、治療方針をご説明し、理解し、納得していただいたうえで治療を進めていきます。

「保険診療」、「自費診療」、そして「必要がなければ何もしない」、という3つの選択肢をご用意しています。

ご一緒に、理想の治療を探しましょう

理想の治療◎しっかりと噛めるようにしたい
◎気になっているところを確認してほしい
◎痛いのが治ればよい

患者さまのニーズを引き出します
歯の対する考え方やご希望はさまざまです。また、歯科医師に遠慮されていたり、あるいは、治療に対する知識や情報が十分に提供されておらず、自分がどのようにしたいのか、患者さまご自身がニーズを把握されていないことがあります。

共にゴールを目指します
そこで、当院では時間をかけて、患者さまのお話をお聞きし、歯科治療に対する思いをくみ取り、本当のご要望を引き出し、ご提案することを心がけています。本当に望ましい歯科治療を実現しましょう。

「歯を抜きたくない」そんなご相談にもお応えします

当院では、できるだけ抜歯はしない方向で治療を考えています。もちろん必要な場合は抜歯をおすすめしますが、何ごとも患者さまの考えを優先し、歯科医師の考えを押しつけることはありません。安心してご相談ください。

牽引抜歯せずになるべく歯を残す、歯の牽引
牽引とは、可能な限り抜歯をせず、歯を残しておきたい場合に歯肉の奥から歯を引っ張り上げる治療のことです。例えば虫歯がひどくなり、歯肉の奥深くまで達している場合などに行います。

●牽引の流れ
牽引する歯にフックや矯正用器具を着け、ゴムやワイヤーを使って引っ張ります。歯肉の奥に隠れていた歯と共に、歯を支える骨と周囲の歯肉が現れるので余分な歯肉を切除し、最終的に歯を被せます。

牽引の注意事項
治療の際は、歯肉よりも深い部分にある健康な歯を、器具を使って引っ張り出します。こうした歯はすでに抜髄をしていることが多く、汚れが残って至り、根の外に膿が溜まっていたりすることがありますので、この場合は根の内側を処置してから治療を受けていただきます。

親知らずなど、自分の歯を移植する自家歯牙移植(じかしがいしょく)
自家歯牙移植(じかしがいしょく)とは抜歯したあごの骨に自分の歯を移植する治療で、最大の特長は歯牙と一緒に歯根膜を移植できることです。

歯根膜も同時に移植すると、移植後新たな骨が形成され、あごの骨にしっかりと定着します。ほかの歯と同じ自然な感覚と噛み心地が得られ、長期間安定した状態で使い続けることが可能です。※移植する歯牙の根の状態や虫歯の有無など、いくつかの条件があります。一度、ご相談ください。
 

一般治療と矯正治療を同じ医師が担当できるメリットがあります

一般治療と矯正治療歯科医院の診療科目には、一般歯科と矯正歯科でそれぞれ専門がわかれてます。一般歯科の歯科医師は矯正治療においては、矯正歯科医師に任せることが多く、矯正歯科医師は、抜歯や虫歯治療はあまり行いません。

総合的な歯科治療をご提案
当院の院長は、矯正「認定医」でありながら一般治療を行うため、お口の中全体のバランスを考えて、幅広い選択肢の中からトータルな歯科治療をご提案します。そして、治療内容によって担当医がかわることもありません。

矯正治療は、審美性だけでなく口腔環境を整える
矯正歯科は、単に歯並びや口元をきれいに整えるためだけでなく、口腔環境を整えるために治療が必要なことがあります。例えば、重い歯周病の場合、歯列を整えることで菌が貯まりにくくなり、ケアもしやすくなり予防効果も高まります。また、抜歯になりそうでも牽引することで歯を残すことができます。

質の良い治療をしようと思うと、一部の治療だけでは終わりません
例えば、この歯が虫歯になりました、ここを治しますっていう1点だけの治療。いずれどこか悪いところができてしまいます。一般歯科だけ、矯正歯科だけと診療範囲を限定せず、虫歯や歯周病になりにくい口腔内の環境を整え、予防につなげることが大切だと思います。


トップへ » 当院の7つの特徴 » 一般歯科(虫歯治療)


コールバック予約

PAGE TOP