トップへ » 当院の7つの特徴 » 歯周病治療

歯周病の原因は、もともとは歯の汚れや歯石です

厚生労働省の調査によると40歳以上の人の歯周病に感染している人は8割といわれます。今や、生活習慣病ともいえる重大な病気です。
歯周病治療

歯周ポケットから始まり、静かに進行する歯周病
歯周病は静かに進行し、初期段階ではほとんど自覚症状がありません。腫れや出血などの症状が現れた頃には最近による歯周組織の破壊がかなり深刻化し、すでに手遅れになっている場合もあります。

お口の中の汚れや歯垢は時間が経つと石灰化して歯石になります。歯石ができると、歯と歯肉の間に歯周ポケットと呼ばれる溝ができ、細菌の温床となります。この細菌が増殖を始めると歯肉の炎症を引き起こし、その状態のまま放置すると最終的には歯が抜け落ちてしまいます。

すべての治療は、歯周病を改善させてから始めています

歯周病治療当院では、治療を始める前に歯周病の検査を行います。もし歯肉の腫れなどがある場合、正確な型どりができずに、詰め物や被せ物の不適合ができてしまいます。そこに菌が繁殖して、再び虫歯になったり、歯周病が悪化してしまう可能性があります。

まずは歯周病を治療して、状態を改善させてから人工歯や詰め物などの補綴物を入れるようにしています。

歯周病は、患者さまの努力で改善します

歯周病歯周病が悪化すると、細菌が口から血管を通して全身に入り、心臓血管疾患や糖尿病・肺炎、早産などを引き起こすといわれています。また、毎日の生活習慣も深く関わっています。

早期発見、早期治療で歯を守る
定期的に歯科検診を受け、歯周病を早期発見、早期治療し、大切な歯を守りましょう。治療後、正しい知識とブラッシング法を学び、患者さま自身が意識を少し変えて、お口の中の環境を整えれば、歯の寿命を大幅に引き延ばすことができます。

歯周病治療のポイント
●健康的で正しい生活習慣を身につける
●早期発見・早期治療が大切
●正しい知識とブラッシング法で改善できる

歯周病の治療は、重症度によって変わります

比較的軽い場合は、歯石や汚れを除くスケーリングで歯茎の状態を引き締め、歯周ポケットの溝が規定値以下になってから補綴物を入れます。

軽度歯周病軽度歯周病
歯と歯肉の間の溝・歯周ポケットに歯垢や歯石が貯まって細菌が繁殖し、歯肉が炎症を起こしていて、腫れや出血が見られる状態です。

【治療方法】
●ブラッシング指導
●1〜2回のクリーニングで比較的短期間で回復可能

中等度歯周病中等度歯周病
歯石の付着が目立つようになり、歯肉の腫れや出血、口臭がひどくなります。徐々に骨が後退し、歯周ポケットが深くなると歯がぐらつき始めます。

【治療方法】
●歯周ポケットの内部に淵訳した歯石の除去
●痛みが伴うときは麻酔
●場合によっては歯周外科の適応

重度歯周病重度歯周病
歯肉が化膿して真っ赤に腫れ上がります。骨の破壊が進み、歯がグラグラと大きく動く状態です。

【治療方法】
●歯周外科にて対応
●歯の保存が難しい場合は抜歯


トップへ » 当院の7つの特徴 » 歯周病治療


コールバック予約

PAGE TOP