トップへ » 当院の7つの特徴 » インプラント治療

「第2の歯」ともいわれる治療法です

インプラント治療とは、歯の機能を回復する治療のひとつで、歯を失った部分に人工歯根(インプラント体)を埋入し、それを土台として人工歯を被せる治療です。
インプラント治療

あごの骨の中にインプラント体が定着しますので、天然歯と遜色のない噛み合わせが取り戻せます。ブリッジのように両隣の歯を削らず、入れ歯より自然で安定した噛み心地を再現することができます。

症例実績が多く、安心して治療が受けられます
院長は、国際インプラント学会認定医を取得し、数多くのスタディーグループや学会に多く参加しています。また、症例数も多いことからプラトン社(インプラントメーカー)の認定医療施設にも認定されています。

最近では、インプラント治療はマスコミなどに取り上げられることが多く、治療内容や予後について、心配される方が多いと思います。不安なことがあれば、お気軽にご相談ください。また、インプラント治療はあくまで選択肢の1つとしてご提案しますのでご安心ください。

人体になじみやすいチタンを使うから安心

インプラントの素材インプラントの素材にはチタンが使われています。チタンは人間の身体になじみやすく、人体に安全な素材として知られ、整形外科の人工関節や骨の固定などの分野でも幅広く使われています。

インプラントの場合も、歯茎の粘膜と結合しやすく、毒性が少ないので安心です。

また、インプラントシステムは多く種類があり、当院ではすべてのメーカーのインプラントシステムを取り扱っております。どの種類を使うかは患者さまの状態に合わせて選びます。

セカンドオピニオンで不安を断ち切る

セカンドオピニオンセカンドオピニオンとは複数のドクターに意見を聞くことにより、納得して治療を受けられる仕組みのことです。違う先生の意見を聞くことで、治療の知識も深まります。

疑問をお持ちの方は気軽にご相談ください
インプラントは、まだ新しい治療法であり、多くの方が不安に思う治療法でもあります。そこで、当院では、インプラント治療のセカンドオピニオンを実施しています。初めてのインプラント治療を検討している方や、費用・期間や治療中の痛みなどに疑問をお持ちの方は気軽にご相談ください。

患者さまの状態を見ながら、入れ歯やブリッジも視野に入れ、最適な治療をご提案します。治療法はひとつとは限りませんので、主治医以外の先生の意見を聞くのは気が引けると思わずにお気軽にご相談ください。

インプラント治療の流れ

【1】診査・診断・治療計画・術前治療
歯並びやあご、学関節の状態を確認し、治療の流れをチェックします。インプラント治療はすべての人に可能な治療とは限りませんので、細心の注意を踏まえて診査を行います。
次へ
【2】一次手術:人工歯根を植え込む
インプラント体をあごの骨の中に埋入する手術を行います。まず歯茎を切開してインプラントと同じ大きさの穴を骨に形成し、そこにインプラント体を埋入して固定させてから歯茎を縫合します。手術後数か月すると骨とチタンがしっかりと結合します。

当院では徹底的な衛生管理のもと、治療を行っています
インプラントキットインプラントキットインプラントキット

次へ
【3】二次手術
インプラントと骨が結合したら、人工歯を装着するための部品を取り付け、歯茎の形を成形します。この段階で歯形を取って仮歯を作り、噛み合わせを調整した後、歯肉の傷口が治るのを待ちます。
次へ
【4】補綴処置
人工歯をインプラントに装着し、合わせて歯磨き指導を行います。


トップへ » 当院の7つの特徴 » インプラント治療


コールバック予約

PAGE TOP