トップへ » 当院の7つの特徴 » 一般歯科(虫歯治療) » 「歯を抜きたくない」そんなご相談にもお応えします

「歯を抜きたくない」そんなご相談にもお応えします

当院では、できるだけ抜歯はしない方向で治療を考えています。もちろん必要な場合は抜歯をおすすめしますが、何ごとも患者さまの考えを優先し、歯科医師の考えを押しつけることはありません。安心してご相談ください。

牽引抜歯せずになるべく歯を残す、歯の牽引
牽引とは、可能な限り抜歯をせず、歯を残しておきたい場合に歯肉の奥から歯を引っ張り上げる治療のことです。例えば虫歯がひどくなり、歯肉の奥深くまで達している場合などに行います。

●牽引の流れ
牽引する歯にフックや矯正用器具を着け、ゴムやワイヤーを使って引っ張ります。歯肉の奥に隠れていた歯と共に、歯を支える骨と周囲の歯肉が現れるので余分な歯肉を切除し、最終的に歯を被せます。

牽引の注意事項
治療の際は、歯肉よりも深い部分にある健康な歯を、器具を使って引っ張り出します。こうした歯はすでに抜髄をしていることが多く、汚れが残って至り、根の外に膿が溜まっていたりすることがありますので、この場合は根の内側を処置してから治療を受けていただきます。

親知らずなど、自分の歯を移植する自家歯牙移植(じかしがいしょく)
自家歯牙移植(じかしがいしょく)とは抜歯したあごの骨に自分の歯を移植する治療で、最大の特長は歯牙と一緒に歯根膜を移植できることです。

歯根膜も同時に移植すると、移植後新たな骨が形成され、あごの骨にしっかりと定着します。ほかの歯と同じ自然な感覚と噛み心地が得られ、長期間安定した状態で使い続けることが可能です。※移植する歯牙の根の状態や虫歯の有無など、いくつかの条件があります。一度、ご相談ください。
 


トップへ » 当院の7つの特徴 » 一般歯科(虫歯治療) » 「歯を抜きたくない」そんなご相談にもお応えします


コールバック予約

PAGE TOP