トップへ » 当院の7つの特徴 » 一般歯科(虫歯治療) » 一般治療と矯正治療を同じ医師が担当できるメリットがあります

一般治療と矯正治療を同じ医師が担当できるメリットがあります

一般治療と矯正治療歯科医院の診療科目には、一般歯科と矯正歯科でそれぞれ専門がわかれてます。一般歯科の歯科医師は矯正治療においては、矯正歯科医師に任せることが多く、矯正歯科医師は、抜歯や虫歯治療はあまり行いません。

総合的な歯科治療をご提案
当院の院長は、矯正「認定医」でありながら一般治療を行うため、お口の中全体のバランスを考えて、幅広い選択肢の中からトータルな歯科治療をご提案します。そして、治療内容によって担当医がかわることもありません。

矯正治療は、審美性だけでなく口腔環境を整える
矯正歯科は、単に歯並びや口元をきれいに整えるためだけでなく、口腔環境を整えるために治療が必要なことがあります。例えば、重い歯周病の場合、歯列を整えることで菌が貯まりにくくなり、ケアもしやすくなり予防効果も高まります。また、抜歯になりそうでも牽引することで歯を残すことができます。

質の良い治療をしようと思うと、一部の治療だけでは終わりません
例えば、この歯が虫歯になりました、ここを治しますっていう1点だけの治療。いずれどこか悪いところができてしまいます。一般歯科だけ、矯正歯科だけと診療範囲を限定せず、虫歯や歯周病になりにくい口腔内の環境を整え、予防につなげることが大切だと思います。


トップへ » 当院の7つの特徴 » 一般歯科(虫歯治療) » 一般治療と矯正治療を同じ医師が担当できるメリットがあります


コールバック予約

PAGE TOP