トップへ » 当院の7つの特徴 » 小児歯科 » 歯医者嫌いをなくすために、段階的に治療を進めます

歯医者嫌いをなくすために、段階的に治療を進めます

まず、怖い場所、痛い場所ではないと理解してもらうことが、泣かない、痛くない小児歯科治療のコツです。
小児歯科

初診では治療はしません
最初の印象が大切なので、初診では治療はせず、衛生士がケアなどをして、口の中を触られることに慣れていただきます。虫歯で痛がっている場合などは最小限の治療だけを行います。初回は慣れることを優先して治療の話もしません。

お友だちの話をして仲よくなり、好きな食べ物や生活を知り、食生活や生活習慣、パーソナリティを把握することに努めています。お子さまが歯医者さんに気を許すと、すすんで口を開けてくれて治療もしやすくなります。

できるところまで、段階的に
小児歯科2回目からは治療も少しずつ進めますが、泣いてしまうお子さまには、できるところまで。無理に押さえつけて治療はせず、不安な気持ちが消えるまでじっくり待ち、お子さまのペースに合わせて少しずつ治療を進めます。

治療を頑張ってくれたお子さまには「よく頑張ったね」と褒めて、バイバイと送り出します。褒められることで、歯科治療に対する苦手意識を克服し、歯を大切にする気持ちが芽生えてくると考えています。


トップへ » 当院の7つの特徴 » 小児歯科 » 歯医者嫌いをなくすために、段階的に治療を進めます


コールバック予約

PAGE TOP