トップへ » 当院の7つの特徴 » 歯周病治療 » 歯周病の治療は、重症度によって変わります

歯周病の治療は、重症度によって変わります

比較的軽い場合は、歯石や汚れを除くスケーリングで歯茎の状態を引き締め、歯周ポケットの溝が規定値以下になってから補綴物を入れます。

軽度歯周病軽度歯周病
歯と歯肉の間の溝・歯周ポケットに歯垢や歯石が貯まって細菌が繁殖し、歯肉が炎症を起こしていて、腫れや出血が見られる状態です。

【治療方法】
●ブラッシング指導
●1〜2回のクリーニングで比較的短期間で回復可能

中等度歯周病中等度歯周病
歯石の付着が目立つようになり、歯肉の腫れや出血、口臭がひどくなります。徐々に骨が後退し、歯周ポケットが深くなると歯がぐらつき始めます。

【治療方法】
●歯周ポケットの内部に淵訳した歯石の除去
●痛みが伴うときは麻酔
●場合によっては歯周外科の適応

重度歯周病重度歯周病
歯肉が化膿して真っ赤に腫れ上がります。骨の破壊が進み、歯がグラグラと大きく動く状態です。

【治療方法】
●歯周外科にて対応
●歯の保存が難しい場合は抜歯


トップへ » 当院の7つの特徴 » 歯周病治療 » 歯周病の治療は、重症度によって変わります


コールバック予約

PAGE TOP