トップへ » 当院の7つの特徴 » インプラント治療 » 「第2の歯」ともいわれる治療法です

「第2の歯」ともいわれる治療法です

インプラント治療とは、歯の機能を回復する治療のひとつで、歯を失った部分に人工歯根(インプラント体)を埋入し、それを土台として人工歯を被せる治療です。
インプラント治療

あごの骨の中にインプラント体が定着しますので、天然歯と遜色のない噛み合わせが取り戻せます。ブリッジのように両隣の歯を削らず、入れ歯より自然で安定した噛み心地を再現することができます。

症例実績が多く、安心して治療が受けられます
院長は、国際インプラント学会認定医を取得し、数多くのスタディーグループや学会に多く参加しています。また、症例数も多いことからプラトン社(インプラントメーカー)の認定医療施設にも認定されています。

最近では、インプラント治療はマスコミなどに取り上げられることが多く、治療内容や予後について、心配される方が多いと思います。不安なことがあれば、お気軽にご相談ください。また、インプラント治療はあくまで選択肢の1つとしてご提案しますのでご安心ください。


トップへ » 当院の7つの特徴 » インプラント治療 » 「第2の歯」ともいわれる治療法です


コールバック予約

PAGE TOP