トップへ » 当院の矯正治療の特徴 » 大人の矯正について

大人になってからでも矯正は可能です

最近、大人になってから子どもの頃からかかえていた歯並びや口元の悩み解消するため、矯正治療を始める方が増えています。矯正治療は大人になってからでも決して遅くはありません。治療に関心を持ち、歯並びを治したいと思ったときがベストな開始時期です。
大人の矯正

また、歯並びが整うことで歯磨きがしやすくなり、虫歯や歯周病、口臭予防につながります。上下の歯がしっかりと噛み合うようになると、下顎にかかる負担が軽くなり、顎関節症などを防いでくれます。

笑顔に自信ができ、人生も充実
さらに、歯並びが整うとキリッと引き締まった口元や、魅力的な笑顔も手に入れられ、プライベートや仕事にもきっと役立ちます。何十年と続くこれからの人生を考えると、その治療の価値は大きいのではないでしょうか。

大人の矯正歯並びや噛み合わせは、生涯に渡って変わる
年齢を重ねるにつれ、歯茎がやせたりして歯の周りの組織に変化がおこります。そのため、歯は動き続け、歯並びや噛み合わせも変化します。

矯正治療に年齢制限はなく、条件が整えば治療が可能です。生涯にわたり年代に即した健康的な歯並びの維持をお手伝いします。

抜歯は、個々のケースに合わせてご提案します

大人の矯正矯正治療において、抜歯を選ばざるを得ないケースや、もしくは抜歯をした方が将来的にメリットが大きい場合があります。当院では、それぞれの患者さまの症状に合わせてあらゆる選択肢の中から、できるだけ歯を抜かずにすむよう治療を行うように心がけています。

例えば、抜歯した方がよい場合
女性には、審美面を優先して抜歯をすすめ、男性には健康を優先して残すようお話しする場合があります。できるだけ患者さまの状況やご要望に合わせて治療方針を決めています。また、抜歯が必要な場合は、メリットデメリットをしっかりご説明した上で、患者さまに選んでいただきます。

歯周病や虫歯の予防としての矯正治療もあります

歯並びが悪いと、磨きにくい部分ができてしまう大人の矯正
歯並びが悪いと、どうしても汚れが溜まる部分に虫歯ができたり、汚れや歯石が溜まって歯周病の原因となります。歯の痛みで苦労したり、歯を失って美味しくご飯が食べられなくなったりしてしまいます。

口腔環境を整えて、予防する
また、歯周病は、心筋梗塞・脳梗塞・糖尿病・肺炎・低体重児早産の原因となることもわかっています。歯並びが整うと、歯磨きなどのケアもしやすくなります。虫歯や歯周病の予防の一つとして、矯正治療を考えることもできます。

きれいな歯並びをこわしてしまう原因をご存じですか

大人の矯正歯を失ったり、加齢によって
虫歯や歯周病で歯を失うと、そこから歯列が崩れることもあります。加齢につれて噛み合わせが深くなったり、前歯が出てきたり、隣の歯が傾斜したり、すき間ができたり、デコボコになることもあります。

舌の癖や鼻づまりも、原因に
舌を上限のあの間や裏側から押し出すように嚥下したり、発音する習慣がついていると舌の圧力により、歯は移動します。鼻づまりで口が閉じづらいと、上顎の幅が狭くなったり、歯が前に出たり、噛み合わせが悪くなります。また、歯ぎしりや噛みしめ(くいしばり)などの癖も、歯の削れや移動、顎関節症の原因となることがあります。

こうした癖は、なかなか治りにくいものですが、当院ではこうした原因も突き止め、矯正と共に、クセや持病を自覚してもらい、自発的に矯正してもらうお手伝いをします。


トップへ » 当院の矯正治療の特徴 » 大人の矯正について


コールバック予約

PAGE TOP