トップへ » 当院の矯正治療の特徴 » 子どもの矯正について » 子どもの矯正を始めるタイミングが大切です

子どもの矯正を始めるタイミングが大切です

歯並びや噛み合わせが悪いと、お口の中の環境が悪くなり、虫歯や歯周病のリスクが高まります。また、口元を隠したり、人前で話すことが苦手になるなど心の成長にも悪い影響を及ぼすことがあります。
矯正を始めるタイミングが大切

また、歯並びや骨格、あるいは成長スピードによって、早期治療が適している場合もあれば、成長を待ってから始めた方がいい場合もあります。治療を始めるタイミングが大切ですから、気になったら早めにご相談ください。

できるだけ取り外しのできる矯正装置をおすすめしています
お子さまの場合、歯磨きなどがきちんとできないと虫歯になりやすく、また成長の途上でもあるので、治療後の安定を重視すると、できるだけ取り外しのできる矯正装置をおすすめしています。固定式の装置による治療はなるべく後の方がいいと考えています。

早期治療が必要な場合は、年長さんの頃から
小児矯正あごが成長する前に治療が必要な場合や、舌ったらずなど舌機能の訓練が必要なケースは、治療のタイミングを逃してしまうと、骨格などにズレが生じます。さらに成長してからでは治療が難しくなり、治療期間もそれだけ長引きます。

早期治療の必要のないお子さまは、経過観察
適切な時期を見極めるためにも、歯並びが気になる場合は、永久歯の前歯と奥歯が生えてくる6~7歳頃に、専門医の診断を受けると安心です。当院では、無料でご相談を実施しており、早期の矯正治療の必要のないお子さまの場合は、成長を見守らせていただきます。


トップへ » 当院の矯正治療の特徴 » 子どもの矯正について » 子どもの矯正を始めるタイミングが大切です


コールバック予約

PAGE TOP