トップへ » 当院の矯正治療の特徴 » 子どもの矯正について » 小児矯正で使用する装置をご紹介します

小児矯正で使用する装置をご紹介します

歯列拡大装置歯列拡大装置
一週間に1~2回ネジを回すことにより、左右の奥歯を支えにして上顎骨を拡大する装置です。(取り外し式)

ムーシールドムーシールド
低年齢の受け口(成長期反対咬合)の治療では、マウスピース型の矯正装置ムーシールドを使用します。就寝時のみの使用で治療効果を上げることができるので、反対咬合は永久歯が生えるまで待つことなく、3歳児からの治療が可能になりました。

機能的顎矯正装置(F.K.O・アクチベーターアクチバトール)
主に成長期の患者さま自身の咀嚼筋の力によって歯を動かしたり、あごの成長をコントロールして、骨格性の問題を解消する装置です。成人の患者さまでも一部、噛み合わせの深さのコントロールなどのために使用する場合があります。(取り外し式で、主に就寝時に使用)

バイオネーター
主に成長期の患者さま自身の咀嚼筋の力によって歯を動かし、歯列を広げたり、顎の成長をコントロールして、骨格性の問題などを解消する装置です。歯列を拡大する効果もあります。(取り外し式で、主に就寝時に使用)

緩徐拡大装置(クワドヘリックス)緩徐拡大装置
歯の裏側の針金を調節することにより、比較的ゆっくり歯列を拡大する装置。装着期間は6ヶ月〜1年程度で成長期の患者さまだけでなく、成人の患者さまにも使用できます(固定式)

タングガード付矯正装置タングガード付矯正装置
つばを飲み込むときや話すときに舌をつきだすくせがあると、不正咬合や矯正治療後の戻りの原因になる場合があります。タングガードは、舌の前方への移動を防止するワイヤーです。


トップへ » 当院の矯正治療の特徴 » 子どもの矯正について » 小児矯正で使用する装置をご紹介します


コールバック予約

PAGE TOP