トップへ » 当院の矯正治療の特徴 » 約3,500症例の実績。矯正「認定医」による専門的な治療

約3,500症例の実績。矯正「認定医」による専門的な治療

矯正「認定医」とは、日本矯正歯科学会が、矯正歯科医師の技術力に応じて認めた資格です。鈴木基院長も認定医の一人で矯正治療3,500例の実績があります。
矯正「認定医」の治療

もちろん歯科医師は技術力だけがすべてではありませんが、「認定医」であれば、ある一定の技術力があると考えていただいてよいと思います。院長も認定医の名前に恥じない最良の治療を提供するため、日々研鑽を行っています。

認定医として認定されるには?
日本矯正歯科学会が、矯正歯科専門医師を客観的に評価した基準で、一定水準以上の学術知識と技術レベルを持ったドクターが認定医として認められます。認定医になるためには、いくつかの厳しい条件をクリアしなければなりません。現在、日本国内の認定医は2500名。国内の矯正歯科医の約1割です。

矯正認定医の条件
●日本矯正歯科学会に5年以上の在籍
●学会が指定する大学の附属病院や矯正歯科医療機関で5年以上の臨床経験が必要
●歯科矯正臨床の論文を提出する

これらの条件をすべて満たし、審査に合格した医師だけに認定医の資格が与えられるのです。認定医の更新は5年ごとに行われ、学術大会への出席や臨床発表、および学術誌における報告が義務づけられています。
 


トップへ » 当院の矯正治療の特徴 » 約3,500症例の実績。矯正「認定医」による専門的な治療


コールバック予約

PAGE TOP