トップへ » 院長あいさつ・経歴 » なぜ矯正専門医でありながら、一般歯科なのか?

なぜ矯正専門医でありながら、一般歯科なのか?

患者さまと接する中で、総合的な治療の大切さに気づく院長あいさつ
私は、学生時代に矯正に興味を持ち、矯正専門医になりました。しかし、患者さまと実際に接するうえで、多くの矯正専門医は簡単な虫歯治療にも対応できないという事実を知り、これではいけないと考えました。

口腔内は複雑に影響しあっている
一般歯科は、単に歯を削ったり抜いたりする治療、矯正歯科は見た目を重視する治療と思われがちです。しかし、虫歯や歯周病、また不正歯列は、お口の中の環境が複雑に影響しあって発症します。

一般歯科治療と矯正治療の両方を手がけることで、患者さまの状況を的確に把握し、あらゆる角度から診断し、幅広い選択肢の中から最適な治療を行うことができます。そこで一般歯科だけ、矯正歯科だけと診療範囲を限定せず、必要だと思ったことは取り入れ、知識と経験を積み重ねてきました。


トップへ » 院長あいさつ・経歴 » なぜ矯正専門医でありながら、一般歯科なのか?


コールバック予約

PAGE TOP